浦和区上木崎JR与野駅西口降りてすぐの歯科・歯医者 与野MFデンタルクリニック|診療内容

診療内容

一般歯科

むし歯は、むし歯菌に侵されてしまった部分を取り除くことで治療しますが、その際に削ってしまった部分を元に戻すことはできません。
詰め物や被せ物で補うことはできますが、確実に歯の寿命は削られていきます。
当院では歯を削る量をできる限り減らし、抜歯もなるべく行わず患者様の大切な歯を1本でも多く残す治療を行います。

むし歯の進行

横にスクロールできます

むし歯の進行

むし歯の原因

むし歯の原因

ミュータンス菌(細菌)

歯垢(プラーク)となって歯の表面に付着し、糖質から酸を発生させます。
発生した酸が歯を溶かし、やがてむし歯になります。

糖質

食べ物に含まれる糖質(主に砂糖)を用いてミュータンス菌が酸を発生させるため、糖分をよく摂取する方は特にむし歯になりやすくなります。

歯の質

個人差もありますが、歯のエナメル質や象牙質などの質によってむし歯になりやすい方もいます。
特に生えたての乳歯や永久歯は質が弱く、むし歯になりやすいです。

3つの要素が重なり、時間が経過するとむし歯が発生します。

当院のむし歯治療

治療中の痛みが苦手な方のために
麻酔医在籍

麻酔医在籍

当院では麻酔医が在籍しており、痛みが苦手な方が安心して治療を受けていただけるよう、痛みの少ない治療をご提供しております。
患者様の体調などに配慮し、負担の少ない麻酔をいたします。

カートリッジウォーマーの使用

カートリッジウォーマーの使用

麻酔液を体温と同程度に温めることで、注入時に温度差によって感じてしまう痛みを軽減し、痛みが苦手な方にも配慮した治療を行います。

5倍速タービンの使用

5倍速タービンの使用

歯を削る際に回転速度の速いタービン(歯を削る機器)を用いることで、歯科治療において苦手な方が多い「キーン」という音や振動を抑え、痛みも軽減できます。

当院では歯医者さんのどのようなところが苦手かをお伺いしたうえで、患者様に合った治療方法をご提案いたします。
患者様のご要望に応じて麻酔を使用することも可能ですので、少しでもご不安な点がございましたら、遠慮なくご相談ください。

最低限の切削で精確にむし歯を取り除き、再発を防ぐために
拡大鏡の使用

拡大鏡の使用

肉眼では確認できない複雑な歯根の細部まで目視で確認しながら治療を行います。
拡大視野で立体的に患部を捉えることで、むし歯に侵されてしまった部分のみを的確に削り取ることができます。

むし歯検知液の使用

むし歯検知液の使用

検知液はむし歯部分のみを赤く染めることができるため、どこまで削るかの目安となるうえ、むし歯の取り残しを防ぎ、再発防止に繋がります。

コンポジットレジン

コンポジットレジン(CR)

セラミック粒子と合成樹脂を8:2の割合で合わせた複合プラスチック素材です。
削った箇所に歯科用高性能接着剤とCRを詰め、特殊な光を照射してしっかりと固めます。
削る部分が少なく、精度が高いためむし歯の再発も防ぐことができます。

神経を温存し、なるべく抜歯を行わないために
電気歯髄診断器の使用

電気歯髄診断器の使用

歯に弱い電流を流して歯髄神経に刺激を与えることで、神経の生死を測定します。
肉眼での確認だけではなく数値で示すことでより精確に判断し、歯の神経を残す治療を行うことができます。

MTAセメント

MTAセメント

むし歯が進行してしまったところまでの組織を取り除き、MTAセメントで蓋をすることで、残りの神経を残したまま保存することができます。
進行度合いによっては、治療を行うことができない可能性もありますので、詳しくはご相談ください。

歯の神経を取り除いてしまうと失活歯しっかつしとなり、感染に弱くむし歯が再発しやすくなります。
また耐久性も弱くなり、歯の寿命はどんどん短くなります。
将来ご自身の歯を残すためには、歯の神経はできる限り取り除かず、保存していくことが大切です。

根管治療

根管治療

むし歯が歯の神経まで達してしまい、神経の温存が不可能と判断された場合、神経を取り除く根管治療を行います。
当院では根管長測定器を用いて根管の長さを精確に測定し、ニッケルチタンファイルを用いて根管形成することによって歯根の先端まで的確に洗浄・消毒を行います。
必要に応じてラバーダムも使用することで唾液が入ってしまうことを防ぎ、より安全で精密な根幹治療を行います。

根管治療を行うことでご自身の歯を残せる可能性が高まります。
生涯ご自身の歯でお過ごしいただくためのお手伝いをいたしますので、他院で抜歯と診断されてしまった方も、一度当院までご相談ください。

予防歯科

ご自身の歯をむし歯や歯周病によって失ってしまうケースは非常に多く、予防を心がけることが健康な歯を維持する近道です。
またむし歯や歯周病は再発のリスクが高いため、当院では定期的な検診やクリーニングを行うことでお口のメインテナンスを行い、患者様の健康な口腔内を保つお手伝いをいたします。

定期的に歯科医院へ通う重要性

定期的に歯科医院へ通う重要性

一度むし歯や歯周病になってしまうと、治療のために何度も通院していただく必要があり、治療費もかかるため患者様にとって大きな負担となります。
また治療を行うことで見た目は補うことができるものの、歯の寿命を取り戻すことはできませんので、将来の残存歯数にも影響を及ぼします。
定期的に歯科医院に通ってむし歯や歯周病を予防していくことで、治療のための通院も減り、痛い思いをすることもありません。
歯医者さんには痛くなる前に「予防をするために行く場所」だと意識することが大切です。

定期検診に通うペース

定期検診に通うペース

当院では定期検診やクリーニングは2~3ヶ月に1回のペースを推奨しております。
むし歯や歯周病は進行速度が非常に速く、尚且つ気づかぬうちに進行していきます。
早期発見・早期治療を行うためにも、比較的短い間隔で受診していただくことをおすすめいたします。

当院の予防処置

PMTC(プロフェッショナルクリーニング)
PMTC(プロフェッショナルクリーニング)

PMTCは、歯科医師や歯科衛生士がクリーニング専用の機器を用いて行うクリーニングです。
フッ素が配合された研磨剤や特殊なチップによって研磨することにより、歯の表面に付着した歯垢や着色汚れを取り除き、ツルツルに磨き上げます。
加えてフッ素を塗布することで、歯の再石灰化を促し、歯を強化してむし歯になりにくい歯を作ります。

PMTCを行うメリット

歯の白さを取り戻せる

歯の白さを取り戻せる

歯の表面に付着した汚れや着色(ステイン)も取り除くことができるため、歯の白さを取り戻すことができます。
また、歯の表面がツルツルになるため汚れが付着しにくくなります。

お口がスッキリする

お口がスッキリする

普段磨ききれない箇所まで汚れを除去するだけでなく、口臭の原因も取り除くことができるため、お口の中がスッキリし爽快感を得ることができます。

歯周病の予防・改善ができる

歯周病の予防・改善ができる

普段の歯磨きでは落としきれない、歯と歯茎の間の歯周ポケットからも歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を除去することで、歯周病の予防や改善に繋がります。

むし歯予防ができる

むし歯予防ができる

歯磨きで取り除けなかった歯垢を除去することでむし歯予防に繋がると共に、フッ素によって歯質を強化することで、むし歯になりにくい歯を作ることができます。

当院で使用するフッ素

当院で使用するフッ素

当院では3M社製のフッ素を使用しています。
フッ素だけではなく、酸によって溶けだした歯の再石灰化を促進する「カルシウム」や「リン」を加えた3つの成分を同時配合することで、フッ素によるカルシウムの吸収が確実に行われ、高い再石灰化効果を発揮します。

ブラッシング指導
ブラッシング指導

清潔な口腔内を維持するためには、ご自宅での日々のケアも大切です。
患者様のお口の状態や磨き方の癖などを確認し、お一人おひとりに合わせた効果的なブラッシング方法や、歯ブラシの選び方、効果的なセルフケアグッズをお伝えいたします。

ブラッシング指導でのポイント

磨き残ししやすい箇所の確認や磨き方の意識づけ

奥歯や歯と歯の間など、磨きにくい箇所や磨き残してしまう箇所を一緒に確認し、適切な磨き方をお伝えします。
ご自宅では習得した方法で実践していただき、意識づけていきます。

モチベーションのアップ

歯磨きだけではなく、日々の生活習慣や全身の健康状態、ストレスなどの精神面も口腔内に影響を与えます。
歯科医院での処置だけでは正常な口腔内環境を維持することはできませんので、患者様にご自身のケアを続けていただけるようにサポートしていきます。

担当衛生士制の導入

担当衛生士制の導入

当院では同じ歯科衛生士が継続して患者様を担当することで、口腔内の状況を把握し、口腔内の健康管理を患者様と一緒に細かく行っていきます。 小さな疑問点でも安心してご相談いただけるよう、患者様とのコミュニケーションを大切にしておりますので、些細なことでも気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

歯周病

歯周病は、細菌により歯を支えている骨や歯周組織が壊されてしまう感染症です。
自覚症状がほとんどなく、気づいた時には重症化し、歯が抜け落ちてしまう恐れがあります。
また、糖尿病や心疾患、認知症等の全身疾患にも繋がってしまう可能性がありますので、早期発見・早期治療のためにも、定期検診を受診していただくことをおすすめいたします。

歯周病の症状

横にスクロールできます

歯周病の症状

このような症状がある方は歯周病の恐れがあります。

歯周病の進行

横にスクロールできます

歯周病の進行

歯を失ってしまう原因

歯を失ってしまう原因

歯周病は日本人の成人の8割が患っているといわれ、歯を失ってしまう原因第一位の病気です。
歯周病が悪化すると、歯と歯茎の隙間である歯周ポケットが徐々に深くなり、深くなった歯周ポケットの中で細菌が繁殖します。
細菌が奥深くの歯を支える骨(歯槽骨)に届くと歯槽骨の吸収が始まり、放置すると歯を支える顎骨まで失う恐れがあります。

歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病

糖尿病により慢性的に高血糖の状態が続くと、白血球(好中球)の能力が低下し、感染症に感染しやすくなります。
また、高血糖は歯茎の再生能力を抑制してしまい、歯周病の悪化にも繋がります。
反対に、歯周病の炎症によって排出される物質がインスリンの血糖値をコントロールする働きを妨げ、糖尿病を悪化させる恐れがあります。
また、うまく咀嚼できないことでバランスの良い食事ができず、糖尿病に対して正しい食事療法を行うことができなくなります。

歯周病と糖尿病は密接に関係しており、歯周病は糖尿病の合併症といわれています。
双方の治療を行うことにより悪化のスパイラルを断ち切り、口腔内だけではなく全身の健康も守ってきましょう。

歯周病治療の流れ

step歯周病検査・診断

歯周ポケットの深さや歯の動揺状態、歯垢(プラーク)・歯石の付着状態、咬み合わせ等の検査を行い、歯周病の進行度や口腔内の状態を確認します。
検査結果を元に、お一人おひとりに合わせた治療方法をご提案いたします。

stepスケーリング

スケーラーという専用の器具を用いて歯の表面にこびりついたプラークや歯石を徹底的に取り除きます。

stepSRP(ルートプレーニング)

スケーリングで症状が改善されない場合はSRPを行い、歯周ポケット内の歯石や汚染された歯根のセメント質を取り除きます。

step再検査

施術後の口腔内の状態を確認し、結果に応じて今後の治療方針を決定します。

step歯周形成外科療法

症状に改善がみられない場合は、外科的治療を行います。

詳しくはこちら

step定期メインテナンス

治療完了後も定期的に検査とクリーニングを行い、再発を予防していきます。

当院で行う歯周形成外科療法

FOP(歯肉剥離掻爬術)

歯や骨を覆っている歯肉を剥がし、歯根や歯槽骨に付着した歯石を除去する外科的手術です。
SRPでは届かない歯周ポケットの奥深くまで歯石を取り除きます。
術後一週間程で歯周ポケットの減少がみられるようになります。

FGG(遊離歯肉移植術)

歯周組織が破壊され、歯根の露出が見られる箇所に、上顎の口蓋から切り取った歯肉を移植する外科的手術です。
上皮組織と結合組織の2層を切り取って移植するため、移植後周囲の歯肉との色の違いが見られる場合があります。

CTG(結合組織移植術)

歯肉の退縮によって周囲の歯とのバランスが悪い、歯根が露出しているといった場合に、歯肉の不足部分へ移植を行う外科的手術です。
CTGでは結合組織のみを移植し、皮組織を上から被せて縫合するため、見た目の違和感が少なく、前歯などの治療に適しています。

小児歯科

一度「怖い」「痛い」といったネガティブなイメージを持ってしまうことで、歯科医院での治療が苦手となってしまうお子様も少なくありません。
当院ではお子様のペースに合わせて治療を行い、楽しく通っていいただけるよう、院内の雰囲気づくりを大切にしています。
お子様のうちから歯医者さんに通う習慣をつけることで、お子様の健康なお口を育てていきましょう。

歯医者さんが怖いお子様のために

雰囲気に慣れるところから
スタート
雰囲気に慣れるところからスタート

当院では緊急時以外はいきなり治療を始めるのではなく、まずはイスに座るところから始め、院内の雰囲気に慣れていただいてから徐々に治療に進んでいきます。

痛みを最小限に
痛みを最小限に

むし歯ができてしまうと治療の前でも痛い思いをしてしまう可能性があるため、むし歯ができないように予防していくことが大切です。
当院では、治療の際も痛みを最小限に抑え、段階を踏んで治療を行います。

生えたての歯は
むし歯になりやすい

横にスクロールできます

生えたての歯はむし歯になりやすい

生えたての乳歯や永久歯は表面のエナメル質が薄くて脆いため、むし歯になりやすい状態です。
1本でもむし歯になってしまうとお口の中にむし歯菌が住みついてしまうため、「むし歯を作らないこと」がとても大切です。
お子様がむし歯にならないために、しっかりとケアを行っていきましょう。

当院の小児歯科

フッ素塗布

フッ素塗布

歯の表面に塗布することで歯を強化し、むし歯を予防します。
特にむし歯になりやすい生えてきたばかりの歯に塗ると効果的です。当院では歯が生え始めたら塗布が可能となります。塗布するフッ素(3M社製)は従来品よりも再石灰化効果が高い種類を使用しています。

詳しくはこちら

シーラント

シーラント

奥歯の溝は磨きにくく汚れが溜まりやすいため、むし歯になりやすいです。
この溝を歯科用プラスチックで埋めることで汚れが入り込むことを防ぎます。
奥歯の永久歯が生え始めた頃の実施が効果的です。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

むし歯を予防するためにはご自身で実施する歯磨きが最も重要です。
お子様のうちから正しい磨き方を習慣づけることで、大人になってもむし歯や歯周病から歯を守ります。
お子様のブラッシング方法から仕上げ磨きのポイントなど、歯科医師や歯科衛生士よりお伝えいたします。

定期検診のタイミング

定期検診のタイミング

当院ではお子様の通院は生後6ヶ月頃から、定期検診は3ヶ月に1回のペースで受診していただくことを推奨しております。
小さい頃から定期的に検診を行うことでむし歯の予防を行っていき、お子様の口腔内の健康を守りましょう。

セラミック治療

むし歯治療などで歯を削った部分をセラミック素材(白い陶材)の詰め物や被せ物によって補う治療方法です。
天然歯に近い色調に調整しやすく、歯の形や色が気になる方がホワイトニングや矯正治療の一環としてセラミック治療を選ばれるケースもあります。
従来の銀歯は経年劣化を起こしてしまいますが、セラミック素材は劣化が起こらず、むし歯の再発防止にも繋がります。
銀歯が気になる方や金属アレルギーでお悩みの方は、一度当院までご相談ください。

こんな方にオススメ

美しいお口元を取り戻したい

透明感があり、天然歯に近い自然な白さを再現できるため、審美性に優れており、口を開けて笑っても目立ちません。
また、神経を取り除いて変色してしまった歯はホワイトニングの効果も得られないため、セラミック治療が有効です。

むし歯の再発を防ぎたい

金属の詰め物や被せ物は密着性がやや劣り、唾液などが入り込むことで接着剤を溶かし、徐々に隙間ができてしまいます。
その隙間から細菌が入り込んでしまい、むし歯の再発の原因となります。
セラミック素材は密着性が高いため、唾液や細菌が侵入しにくく、また表面がツルツルしているため、むし歯の原因となる歯垢や汚れがつきにくくなり、むし歯の再発防止に繋がります。

当院のセラミック治療

拡大鏡を使用することで、より精度の高い治療を提供
拡大鏡を使用することで、より精度の高い治療を提供

肉眼では見えない詰め物・被せ物と歯や歯茎の隙間を拡大視野で確認して治療を行うため、天然歯との境目に隙間ができず、ぴったりと合った精密な人工歯を作製することができます。

当院で扱う素材

詰め物・被せ物

e-max

e-max

¥77,000(税込)

e-max

¥55,000(税込)

透明感があるため天然歯と最も近い色調を出すことができます。
馴染みが良く歯茎との境目もわかりにくいです。
金属を使用しないため、金属アレルギーの心配もありません。

ジルコニア

ジルコニア

¥88,000(税込)

ジルコニア

¥66,000(税込)

強度があるため、人工のダイヤモンドと呼ばれています。
奥歯や歯ぎしり・食いしばりでも割れる心配はほとんどありません。
金属を使用しないため審美性に優れており、金属アレルギーの心配がありません。

ゴールド

ゴールド

¥110,000(税込)

ゴールド

¥88,000(税込)

金合金でできており、歯との適合性が高い素材です。
歯茎を変色させることもなく、天然歯に近い硬さのため咬み合う歯を痛めません。
奥歯の治療に適しています。

メタルボンド

ゴールド

¥93,500(税込)

金属の上にセラミックを焼き付けた素材のため、見た目も自然な色調です。
強度に優れており、保険適用のレジンのような擦り減りや変色もありません。

ジルコニアボンド

¥132,000(税込)

メタルボンドで内面に使用する金属をジルコニアにしたものです。
金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配がなく審美性にも優れています。

ラミネートベニア
ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、セラミックプレートを付け爪のように接着する治療方法です。
変色してしまった歯の見た目を自然な白さに仕上げ、歯並びを改善するなど、色や形などの回復を図ります。
痛みを感じることもなく、短期間で治療が完了するため、患者様の負担も抑えることができます。

¥88,000~¥110,000(税込)

e-max

e-max

強度と耐久性があり、透過性が高いため天然歯に近い自然な色味で仕上げることができます。

ジルコニア

ジルコニア

詰め物・被せ物と同様、強度があり審美性に優れている素材です。

土台(コア)
土台(コア)

大きなむし歯や歯の破折、むし歯の再治療、根管治療などにより十分な量の歯質が残っていない場合には、人工の土台(コア)で歯を補強する治療を行います。
補強することによって歯を割れにくくし、天然歯を守りながら、被せ物を長持ちさせることができます。

ファイバー

ファイバー

¥22,000(税込)

グラスファイバーで補強したプラスチック(レジン)の土台です。
天然歯に近いしなやかさを持つため、歯根破折のリスクが低い素材です。

ホワイトニング

ホワイトニングは食べ物や飲み物、加齢などによって歯の表面に付着した着色を薬剤を用いて取り除き、削らずに歯を白くする施術方法です。
当院ではオフィスホワイトニングとホームホワイトニングをご用意しており、患者様のご要望やライフスタイルに合わせた施術方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

ホワイトニングの
メリット・デメリット

メリット

  • 歯そのものを白くできる
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 好きな白さまで色を調整できる

デメリット

  • 人によって効果にばらつきがある
  • 色戻りがあるため継続が必要
  • 知覚過敏が起こる恐れがある

ホワイトニングと
クリーニングの違い

ホワイトニングは薬剤を使用して歯そのものを漂白し、見た目をきれいにケアしていく治療方法です。
クリーニングは赤ワインやコーヒー、たばこのヤニなどが歯の表面に付着してできたステイン(着色汚れ)を取り除きますが、歯そのものを白くする効果はありません。

こんな方にオススメ

ホワイトニング

  • 歯をより美しく保ちたい方
  • 歯そのものを白くしたい方
  • 接客業や営業職の方
  • 結婚式や面接などを控えている方

クリーニング

  • お口のトラブルを予防したい方
  • むし歯・歯周病が気になる方
  • お口をスッキリさせたい方
  • お口の健康を維持したい方

当院で扱うホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

歯科医院にて歯科医師・歯科衛生士が行う治療方法です。
ジェルやペースト状の高濃度のホワイトニング材を使用します。
即効性があるため、短時間で白くしたい方におすすめです。

¥22,000~¥36,300(税込)

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワイトニングです。 ホワイトニング専用のマウスピースを作成し、専用の薬剤を流し込み、一定時間装着することにより徐々に歯を白くしていきます。
色戻りが少ない点が特徴です。
ご自宅で行うため自分のペースででき、歯科医院に何度も通う必要がありません。

¥22,000(税込)

ホワイトニングが難しいケース

ホワイトニングができない方

18歳以下のお子様

ホワイトニングは基本的に歯の成長過程がある18歳以下はできません。
乳歯や生え変わったばかりの永久歯はエナメル質が弱いため、ホワイトニング薬剤が悪影響を与えてしまう恐れがあります。

妊娠中・授乳中の方

妊婦や胎児への影響の安全性が確認されていないため、歯科医師と十分に相談する必要があります。

無カタラーゼ症の方

過酸化物を分解する酸素カタラーゼが体内にないため、ホワイトニング剤に含まれる物質を分解できません。

光線過敏症の方
(オフィスホワイトニング)

オフィスホワイトニングは光を照射するため、光に対して過敏症のある方は強い光を当てることによって皮膚に紅斑や水疱が発症する可能性があります。
光線過敏症の方には光を照射しないホームホワイトニングをおすすめします。

ホワイトニングができない歯

大きなむし歯や歯周病がある

ホワイトニング薬剤がしみる、むし歯が悪化してしまうなどの可能性があるため、治療後にホワイトニングを行っていきます。

エナメル質、象牙質の成長が不十分な歯

エナメル質の成長が不十分な状態でホワイトニングを受けると、歯の神経が刺激により強い痛みを感じたり、ホワイトニング効果が得られない可能性があります。

詰め物、被せ物、差し歯など人工の歯

歯科医院で行うホワイトニングは天然歯に対して漂白を行うもので、詰め物や被せ物、ブリッジ、インプラントといった人工歯に対しての効果はありません。

神経を抜いた歯

神経がある歯と比べて白くなる速さが圧倒的に遅いため、ホワイトニングを進めるにつれ周囲との色差がはっきり出てしまいます。

お口の状態を確認してから治療を開始いたしますので、ホワイトニングご希望の方は一度ご相談ください。

インプラント

インプラントは歯を失ってしまった箇所に人工歯根を埋入し、その上に人工歯を装着する治療法です。
残っている周りの歯を削らず、負荷をかけることなく歯の機能を取り戻し、ご自身の歯のように噛むことができるようになります。
審美面・機能面で優れており、違和感も無いため、入れ歯が合わないなどのお悩みをお持ちの方にもおすすめです。

精度の高い安全な治療を
ご提供するために

日本口腔インプラント学会認定専門医在籍
日本口腔インプラント学会認定専門医在籍

当院では大学病院の口腔インプラント科で常勤していた、日本口腔インプラント学会認定の専門医である院長が治療を担当いたします。
これまで様々な症例に対応し、研鑽を積んでまいりましたので、安心して治療に臨んでいただけます。

詳しくはこちら

ガイデッドサージェリーシステムの導入
ガイデッドサージェリーシステムの導入

ガイデッドサージェリーシステムは、レントゲン画像データをもとに専用のプランニングソフトを用いたシミュレーションを行い、インプラントを埋め込む適切な位置や角度、深さを診断したうえで治療計画を立案し、データをもとに手術用テンプレートを製作します。

ガイデッドサージェリーの特徴

正確な位置にインプラントを埋入できる

テンプレートを患者様の口腔内に装着し、コンピュータによる事前シミュレーション通りの位置に精確にインプラントを埋入することができます。

歯茎の切開がない
(フラップレス)

従来のインプラント手術では、顎骨にインプラント体を埋め込む際に骨を露出させるため、歯肉の切開が必要でしたが、ガイデッドサージェリーは、ガイドに従って埋め込むため歯肉の切開が必要がなく、手術後の傷みや腫れも抑えることができます。

手術時間が短縮できる

フラップレスや埋入位置の選定に時間がかからないため手術時間も短縮されます。
また埋入本数が増えても歯肉の切開は必要ないため、患者様のお身体への負担を軽減することができます。

プロビジョナルレストレーションの導入
プロビジョナルレストレーションの導入

最終的に装着する人工歯が入るまでの間の仮歯のことです。
最終補綴物が入るまでに残った歯の部分と歯茎の状態を整え、咬み合わせなどの確認ができる、通常の仮歯より1つ上のランクの仮歯です。
仮歯であれば一度削ってしまっても高さを調整することができ、それをもとに最終補綴物を高い精度で製作することができます。

ストローマン社のインプラントを採用
straumann

当院では、世界70か国以上で使用されているストローマン社のインプラント、ガイデッドサージェリーを採用しております。骨との結合性が早く、その安全性も多くの臨床研究により裏付けられています。実績があるため導入している歯科医院も多く、転居されてもその先でメインテナンスやフォローを受けていただきやすくなります。
精確でより安全なインプラント手術を行える環境を整えておりますので、患者様にも安心して治療に臨んでいただけます。

当院のインプラント治療

即時荷重
即時荷重

通常のインプラント治療は、インプラント埋入後3~6ヶ月かけて顎骨としっかり結合させてから上部構造の取り付けを行いますが、即時荷重は抜歯してすぐにインプラントを埋入し、その日に仮歯を装着して噛めるようにする治療方法です。
通院回数も少なく、治療期間も短縮できますので、患者様のご負担も軽減できます。
骨質によっては適用できない可能性もありますので、まずはご相談ください。

GBR(骨誘導再生法)
GBR(骨誘導再生法)

骨の高さや厚みが足りない場合、骨が不足している箇所に人工の骨補填剤や自家骨を入れ、人工膜(メンブレン)で覆うことで新しい骨を形成する治療方法です。
十分な骨量が確保できずインプラント手術が受けられない場合は、骨を再生することで手術を可能にすることができます。
個人差もありますが、おおよそ3~6ヶ月ほどで形成されていきます。

ソケットリフト
ソケットリフト

上顎の高さが足りない場合、インプラントを埋入する穴から上顎洞を覆うシュナイダー膜を押し上げて隙間を空け、骨補填剤を入れることで骨造成を行います。
同時にインプラント埋入を行うため、患者様のお身体への負担が少ない治療方法です。
必要な骨幅を確保することで、インプラント埋入が可能となります。

サイナスリフト
サイナスリフト

上顎の高さが足りない場合に上顎洞の横からシュナイダー膜を押し上げ、骨補填剤を入れて骨造成を行います。
骨量が非常に少なく、広範囲で多数の歯が欠損している場合に用います。
移植骨が安定してからインプラントを埋入するため、ソケットリフトより治療期間が長くなります。

治療の流れ

治療の流れ
  • 1

    インプラント体埋入 (一次手術)

  • 2

    骨結合期間

  • 3

    アバットメント連結 (二次手術)

  • 4

    歯肉治癒期間

  • 5

    補綴物の装着

当院では基本的に2回法で手術を行います。
一次手術でインプラント体埋入後、3~6ヶ月間程度顎骨にインプラント体がしっかり結合するまで期間を空けます。
結合したら二次手術を行い、アバットメントを連結させた後、歯肉が治癒して状態が落ち着くまで観察期間を設けます。
落ち着いてきたら最終補綴物を製作し、装着して治療完了です。

料金表

インプラント埋入手術(1本) ¥220,000(税込)
上部構造 ¥165,000(税込)
骨増生法 GBR(1ヶ所) ¥110,000(税込)
ソケットリフト(1ヶ所) ¥110,000(税込)
サイナスリフト(片側) ¥275,000(税込)
麻酔費用(麻酔法:静脈内鎮静法) ¥66,000(税込)
2次手術(1本) ¥11,000(税込)
軟組織増成手術 ¥110,000(税込)
診断料 ¥22,000(税込)
コンピューター
ガイデッドサージェリー
¥55,000(税込)
(1本追加ごとに+¥5,500)
メインテナンス費用 ¥8,800(税込)
(デンタル1枚 ¥1,100)
プロビジョナルレストレーション ¥27,500(税込)
(ポンティック ¥5,500)

義歯(入れ歯)

入れ歯は、外科手術を行わずに人工歯によって歯を失った箇所の機能を補う治療方法です。
口腔内の状況は日々変化しているため、入れ歯が合わずに痛みがある、うまく噛めないなどのトラブルが起こりやすいです。
当院ではお一人おひとりに合った入れ歯を製作するとともに、定期的に調整やメインテナンスを行うことで、よく噛め、お食事も楽しんでいただけるようにサポートいたします。

入れ歯治療の特徴

外科手術が不要

外科手術を行わないため、身体に疾患をお持ちの方やご高齢の方でも治療を行うことができます。

金額面の負担が抑えられる

保険適用の材質の入れ歯もあり、インプラント治療と比べて治療費用を抑えることができます。

お手入れが簡単

着脱可能なためお手入れが簡単で、口腔内も清潔に保つことができます。

修理しやすい

壊れる、合わなくなるなどのトラブルがあった場合も修理や調整がしやすく、長く使っていただくことができます。

当院で扱う入れ歯の種類

部分入れ歯
部分入れ歯

部分入れ歯は、歯を失った箇所に部分的に装着し、周囲の歯にクラスプ(留め具)をかけることで固定する入れ歯です。
見た目が気になる方には、クラスプの無いタイプもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

金属床

金属床

¥330,000(税込)

粘膜に接着する部分が金属でできている入れ歯です。
薄いため発音や会話への影響が少なく、熱伝導性があるため食べ物の温度を感じることができ、お食事も楽しむことができます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

¥220,000(税込)

入れ歯を固定するクラスプが無く、ピンク色の特殊な樹脂によって固定します。
軽くて弾力があるため、見た目や付け心地の違和感が少ないのが特徴です。

総入れ歯
総入れ歯

総入れ歯は歯を全て失ってしまった際に用いる入れ歯で、歯茎や粘膜に吸着させることで安定させて使用します。

金属床

金属床

¥495,000(税込)

粘膜に接着する部分が金属でできています。
厚みが無いため装着時の違和感や、発音や会話への影響が少ない入れ歯です。
熱伝導性があるため食べ物の温度を感じることができ、お食事も楽しむことができます。

入れ歯のメインテナンス

入れ歯のメインテナンス

年を重ねるにつれて歯肉や顎骨は痩せていくため、口腔内の状態は常に変化しています。
ぴったり合った入れ歯を製作しても、徐々に合わなくなっていく恐れもありますので、定期的にメインテナンスを行うことが大切です。
合わない入れ歯はうまく噛めないだけではなく、歯茎を傷つける、痛む、土台となる歯が歯周病になるなどのトラブルを引き起こします。
定期検診を受診し、口腔内の健康を保っていきましょう。

矯正歯科

矯正治療では、歯並びを美しくするだけではなく、歯の機能面も改善していきます。
歯並びや咬み合わせが正常でないと、歯磨きがしづらくむし歯や歯周病になりやすくなります。
また、口腔内だけではなく顔の骨格にも影響を与え、頭痛や肩こりなど全身の不調にも繋がってしまう恐れがあります。
矯正治療に年齢制限はなく、成人してからの治療も可能なため、歯並びが気になる方は当院までご相談ください。

歯並びチェックリスト

  • 前歯が出ている
  • 受け口
  • いつも口が開いている
  • 咬み合わせた時下の前歯が見えない
  • 歯と歯の間に隙間がある
  • 咬み合わせた時顎がずれる
  • 前歯で物が噛み切れない
  • 八重歯やガタガタがある

当院で行う矯正治療

表側矯正

表側矯正

歯の表面にブラケットと呼ばれる器具を接着し、ワイヤーによって力を加えることで歯を動かしていく治療方法です。
見た目が気になる方のために、白や透明の目立ちにくいブラケットやワイヤーもご用意しております。

¥660,000(税込)~

裏側矯正

裏側矯正

舌側に器具を接着し、歯を動かしていきます。歯の裏側に装着するため見た目も気にならず、矯正していることも周りに気づかれにくい治療方法です。

¥880,000(税込)~

部分矯正

部分矯正

歯列が気になる箇所を部分的に整えていく治療方法です。
口腔内の状態によっては適用できない可能性もありますので、まずはご相談ください。

¥110,000(税込)~

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置

透明なマウスピースを装着し、段階に応じて付け替えて歯を動かしていく治療方法です。
見た目も気にならず、取り外し可能なため口腔内を清潔に保つことができます。

¥880,000(税込)~

小児矯正

小児矯正

お子様の場合、顎の成長に合わせて歯並びを整え、抜歯を行わずに矯正治療を行える可能性があります。
また骨が柔らかく、感じる痛みも少ないため、気になる症状がありましたら、早めに治療を始めていただくことをおすすめいたします。

¥330,000(税込)~

矯正を始める時期

横にスクロールできます

矯正を始める時期

第Ⅰ期(混合歯列期)

乳歯から永久歯に生え変わる時期で、顎の成長をコントロールしながら咬み合わせを整え、舌壁や指しゃぶりなどの癖を改善していきます。

第Ⅱ期(永久歯列期)

成人と同様に矯正装置を装着して治療を進めていきます。
第Ⅰ期で症状が改善された場合、第Ⅱ期治療を行う必要がないケースもあります。

矯正担当医が治療を担当

矯正担当医が治療を担当

当院では、月に1回矯正担当の先生をお招きし、矯正治療を行っています。
無料矯正相談会も実施しておりますので、些細なことでも気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

歯科口腔外科

歯科口腔外科では、親知らずの抜歯や顎関節症、口内炎などのお口周りのトラブルに対しての治療を行います。
気が付かないうちに進行している症状もありますので、お口周りで気になることがありましたら、些細なことでもお気軽にご相談ください。

口腔外科専修医在籍

口腔外科専修医在籍

当院では、日本口腔外科学会認定の専門医が治療を担当いたします。
高い技術と豊富な経験を持ち、より精密で安全な治療を行いますので、安心して治療を受けていただけます。

親知らず

親知らず

親知らずは最も奥に位置し、歯ブラシが届きづらくむし歯になりやすい歯です。
正常に生えており、他の歯と同じように機能している場合は特別抜歯の必要はありませんが、親知らずが横向きや少しだけ露出している場合、むし歯や歯列不正を防ぐために抜歯を行うケースがあります。

抜歯が必要なケース

  • 横向きに生えている
  • 親知らずのまわりが腫れている
  • むし歯になっている
  • 隣の歯のブラッシングを邪魔している
  • 歯茎の中に埋まっていて痛みがある

顎関節症

顎関節症

顎関節症は顎関節と咀嚼筋に起こる病気で、顎の痛み・口が開けにくい・顎の関節音がするなどの症状が現れます。
近年は若い女性の間で増えており、放置しておくと慢性化してしまう恐れもあるため、違和感を感じたら早めの受診をおすすめします。

顎関節症の主な症状

顎関節痛・咀嚼筋痛

顎を動かす筋肉や顎関節部分に炎症が起こり、痛みを生じます。

開口障害

通常指3本が縦に入る程度に口を開けられますが、口が開けづらく、大きく開けられなくなります。

顎関節雑音

口を開けた時や咀嚼時にカクカクと関節音がすることがあります。
痛みが伴う場合のみ治療が必要になります。

その他の治療
事故や転倒による外傷

事故や転倒による外傷

思わぬ事故や転倒などによって負ってしまった口腔周辺の怪我、唇を切った、歯が折れた、顎や頬の骨折などの治療を行います。
受傷後は早急に受診することが大切です。

口内炎

口内炎

歯ブラシや矯正器具、自分の歯などによって起こる刺激から唇や頬の内側の粘膜を傷つけてしまうと、口内炎を引き起こします。
放置した場合、口腔がんの原因になる恐れもあるため、早急に処置を行うことをおすすめします。

その他お口周りで気になる症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

訪問歯科

当院では通院が困難な方向けに、ご自宅やご入居施設で歯科治療を受けていただける訪問診療を行っています。
歯科医師が定期的にご自宅や施設を訪問し、歯科医院と同等の医療をご提供いたします。
年齢や持病で外出が難しい、ご入居先の施設に歯科が無いなどでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

対象となる方

  • 身体的な理由で通院困難な方
  • 精神的な理由で通院が困難な方
  • 入院中の施設に歯科が無く治療を受けることができない方

年齢制限はありません。
その他の理由でも診療可能ですので、ご希望の方は一度ご相談ください。

訪問診療で受けられる主な処置

むし歯・歯周病の治療・予防

むし歯・歯周病の治療・予防

歯科医院と同等の治療を行います。
また、予防処置としてクリーニングやフッ素塗布なども実施可能です。

口腔ケア

口腔ケア

口腔内の状態を確認し、ブラッシング指導や入れ歯の清掃などを行います。
むし歯や歯周病だけではなく、感染予防にも繋がります。

入れ歯の調整・製作・修理

入れ歯の調整・製作・修理

新しい入れ歯の製作やご使用中の入れ歯の調整やメインテナンスなどを行います。
入れ歯に対してお悩みやご希望がありましたらお気軽にご相談ください。

抜歯

抜歯

治療を受けられなかった重度のむし歯や歯周病の抜歯を行います。
レントゲン撮影を行い精確に診断した後、必要があればご提案いたします。

唾液腺マッサージ

唾液腺マッサージ

唾液分泌量が少ない方には唾液腺マッサージを行い、分泌を促します。
唾液はお食事がしやすくなるだけではなく、むし歯のリスクも抑えることができます。

訪問診療の流れ

stepお申込み

電話にてお申し込みください。
ご本人様だけではなく、ご家族の方や施設、介護者の方からもお申し込みいただけます。

step問診・検診

お悩みや症状をお伺いし、口腔内の状態を確認、レントゲン撮影などを行います。
ご要望などお気軽にお話しください。

step治療計画の説明

患者様の健康状態やご都合を考慮しながら、検査結果をもとに治療計画を立案し、わかりやすくご説明 します。

step治療

治療計画に基づいて、治療や口腔ケアを進めます。
治療中でもお困りごとがあれば、お気軽にお話しください。

step定期検診

治療後も定期的にご訪問し、検診を行います。
口腔内の健康を維持し、全身の健康にも繋げていきましょう。

訪問診療の流れ

当院を中心に半径16km以内での訪問が可能です。
エリア外でも対応可能な場合もありますので、まずはお問い合わせください。

お申込み

お電話か当院受付までお問い合わせください。

048-814-1884

診療時間

【平日】10:00~13:30 / 15:00~20:00
【土日】10:00~13:30 / 15:00~18:00
【休診日】祝日